検査・サービス
発電設備保全

ボイラ管のスケール厚さの測定

抜管したボイラ管のスケール厚さを測定します。

ボイラ管のスケール厚さは熱伝導効率の維持と過加熱による噴破防止の観点から適切な管理が必要です。SISCOでは、抜管されたボイラ管のスケール厚さ、組成を調査するとともに材料劣化状況、腐食状況等も合わせて調査、評価しています。

ボイラ管のスケール付着状況
ボイラ管のスケール付着状況
EPMA面分析結果(鉄)
EPMA面分析結果(鉄)
EPMA面分析結果(クロム)
EPMA面分析結果(クロム)

検査対象

  • ボイラ管

検査法の特長

  • 内面スケール付着量分析
  • 内面スケール組成分析
  • 管内外面マクロ観察
  • 腐食状況観察
  • 寸法測定
  • 硬さ測定
  • 組織状況観察
  • 引張試験

お問い合わせはこちら