検査・サービス
発電設備保全

火力発電所に係る定期事業者検査延長支援

火力発電所に係る定期事業者検査延長支援

~火力発電設備(ボイラー、蒸気タービン)の定期事業者検査延長に係る各種業務を支援します~

火力発電所の定期事業者検査実施時期について、新たな制度が2017年4月より施行されました。新制度では、インセンティブを付与しているシステムの組織区分を「事業者の保安力」に応じて3つに細分化し、6年を最長として設置者が自ら定期検査時期・受審時期を選定することが可能となりました。

システムS ボイラー・蒸気タービンの定期検査時期を最大6年に延長し、安管審受審時期も定期検査時期に合わせて延長。
システムA ボイラーの定期検査時期を4年に延長し、安管審受審時期も定期検査時期に合わせて延長。
システムB 定期検査時期は不変(ボイラー2年、蒸気タービン4年)、安管審受審時期は3年。
※以前のシステム審査

神鋼検査サービスでは、上記インセンティブを取得するための保安力向上に係る各種支援を行います。

法定6項目(システムS/A/B要件)

  • 定期事業者検査要領書作成
  • 各機器点検周期表
  • 検査体制構築
  • 検査員教育訓練
  • 検査記録作成及びチェック
  • 計器校正記録取り纏め

継続的な検査実施体制の構築(システムS/A/B要件)

  • 検査マニュアル作成
  • 内部監査
  • 是正処置
  • 予防処置

保守管理体制の構築(システムS/A要件)

  • 保守管理マニュアル作成
  • 運転監視項目の評価
  • 日常巡視点検の評価
  • 精密点検計画
  • 余寿命管理計画
  • 内部監査
  • 是正処置
  • 予防処置

高度な運転管理体制の構築(システムS要件)

  • 高度な保守管理マニュアル作成
  • 高度な運転監視手法検討
  • 運転監視項目の分析支援

お問い合わせはこちら