技術の紹介

自動水浸超音波探傷試験(水浸UT)

平板、丸棒、円筒の内部欠陥が検出できます。

水浸超音波法(水浸UT)による各種材料や部品の非破壊検査を行います。

こんなポイントが「強み」です。

当社には、従来の平板用の水浸UT装置以外にも、丸棒・円筒用のUT装置として、大型用、小型用の装置があり、それぞれの対象物を高速に検査する事ができます。

大型装置による丸棒の内部欠陥検査
大型装置による丸棒の内部欠陥検査

適用分野

  • 金属・セラミックス材料等の材料欠陥、ロウ付け・クラッド材の接合不良等内部品質検査に適しています。
  • 水素侵食・素材の劣化診断にも適用できます。

検査対象物

  • 平板(最大寸法:1200㎜×1000㎜×600㎜、耐荷重300kg)
  • 丸棒・円筒(大型)(φ50㎜~φ400㎜×L300㎜~2000㎜、耐荷重300kg)
  • 丸棒・円筒(小型)(φ5㎜~φ50㎜×L30㎜~900㎜、耐荷重30kg)

検査法の原理・特徴

  • 表面直下0.5mmにある大きさ0.5mmの欠陥が検出できます。
  • 平板では、欠陥部分を色分けしたマップ(Cスコープ表示)、丸棒・円筒では、それに加えチャートでの検査結果をアウトプットできます。

自動走査モード

X-Y平面走査(板材調査用)
X-Y平面走査(板材調査用)
X軸:スキャン、Y軸:ステップ
X-Z側面走査(板材調査用)
X-Z側面走査(板材調査用)
X軸:スキャン、Z軸:ステップ
T-Y円柱走査(丸棒調査用)
T-Y円柱走査(丸棒調査用)
T軸:スキャン、Y軸:ステップ
T軸=ターニングローラー
T-Z円柱走査(丸棒調査用)
T-Z円柱走査(丸棒調査用)
T軸:スキャン、Z軸:ステップ
軸=ターンテーブル
R-Z円筒走査(円筒調査用)
R-Z円筒走査(円筒調査用)
R軸:スキャン、Z軸:ステップ
水槽内で試験材が回転不可の場合

適用事例

各種板材の検査例

各種板材の検査例

板材の表面から探傷し、内部のきずを検出。

アルミ合金ディスク

板材の検査方法を応用して、アルミ合金ディスクの内部欠陥を検査。

ターゲット材

板材の検査方法を応用して、ターゲット材の密着度の健全性や内部欠陥を検査。

ラジエントヒーター

板材の検査方法を応用して、ラジエントヒーターの内部欠陥を検査。

TIP

板材の検査方法を応用して、TIPの密着度の健全性や内部欠陥を検査。

円筒材の検査例

円筒材の検査例

管の内面から探傷し、外面近傍のきずを検出。

エンジンのシリンダーライナー

円筒材の検査方法を応用して、エンジンのシリンダーライナーの密着度の健全性を検査。

金属セラミック複合材

円筒材の検査方法を応用して、金属セラミック複合材の密着度の健全性や内部欠陥を検査。

各種丸棒の検査例

金属丸棒内部や円筒の内外表面を検査し、1周辺りの欠陥の有無をチャートで表示

オートクレーブ

丸棒内部の検査方法を応用して、オートクレーブの内部欠陥を検査。

インコネル

円筒内部の検査方法を応用して、インコネルの内部欠陥を検査。

ろう付け部品の健全性調査例

ろう付け部品の健全性調査例

A金属側から超音波を入射し,ろう付け面の接合状態を調査

ろう付け部品の接合面の健全性評価例

ろう付け部品の接合面の健全性評価例

水素損傷の評価例

水素損傷の評価例

損傷により発生したボイドやクラックからの反射エコーを色別表示

お問い合わせはこちら