贈収賄防止ポリシー

お取引先の皆様へ

神戸製鋼グループにおいては、これまで、国内外の公務員の職務遂行に関する不正な利益の供与等を防止するため、企業倫理綱領において、贈収賄等をめぐる禁止法令を遵守することを規定するほか、遵守事項に関するガイドラインやマニュアルを作成し、従業員教育を通じてその周知徹底を図って参りました。

近年、世界的に贈収賄規制が強化されており、国によっては、公務員やその関係者に限らず、取引先等との間の商業賄賂を禁止する規制が存在するなど、取引先との関係でも、より透明性の高い関係構築が求められています。今般、このようなグローバルな環境の変化を踏まえ、当社グループにおいては、贈収賄防止の取組みを一層強化し、いかなる理由があろうとも、贈収賄行為を承認、許容しないという当社グループの姿勢を改めて明らかにするべく、「神戸製鋼グループ贈収賄防止ポリシー」を制定いたしました。当社グループは、本贈収賄防止ポリシーに基づき、贈収賄防止体制の一層の充実を図って参ります。

贈収賄防止の徹底は、当社グループにおける取組みのみによって実現されるものではなく、お取引先の皆様のご理解とご協力が不可欠です。お取引先の皆様におかれましては、本贈収賄防止ポリシーの趣旨をご理解いただき、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

2019年 4月
株式会社神戸製鋼所
代表取締役社長

山口 貢

神戸製鋼グループ 贈収賄防止ポリシー

  1. 株式会社神戸製鋼所およびその子会社(以下「当社グループ」と総称します。)は、日本国内外問わず、適用を受け得る全ての贈収賄禁止法令・ガイドライン等(以下「贈収賄禁止法令等」といいます。)を遵守し、いかなる理由があろうとも、贈収賄行為を承認、許容することはありません。
  2. 当社グループは、贈収賄禁止法令等に違反する行為を未然に防止する上で必要な制度の整備および運用を行うとともに、贈収賄禁止法令等に違反する行為やその疑いを早期に発見するよう努めます。当社グループにおいて贈収賄禁止法令等に違反する行為やその疑いが 認知された場合には、当社グループは、速やかに事実関係を調査のうえ、贈収賄禁止法令等に違反する行為の停止、贈賄と評価されるおそれのある支払の停止、関係当局への通報や調査協力等の適切な措置を講じます。
  3. 当社グループは、当社グループの 取締役および執行役員ならびに従業員および嘱託その他の者(以下「従業員等」と総称します。) に対して 、贈収賄禁止法令等および当社グループの関係規程を遵守するよう要請します。当社グループの従業員等において贈収賄禁止法令等または当社グループの関連規程に違反する行為が認められた場合には、当社グループは、就業規則等に基づき当該従業員等を厳正に処罰します。
  4. 当社グループは、 当社グループとお取引いただいている代理店、代理人、エージェント、コンサルタント、販売業者等 (以下「ビジネスパートナー」と総称します。)に対しても、贈収賄禁止法令等を遵守いただくよう要請します。万一、当社グループのビジネスパートナーにおいて贈収賄禁止法令等に違反する行為が認められた場合には、当社グループは、本贈収賄防止ポリシーに則り、取引の拒絶を含め厳正に対処します。