検査・サービス
発電設備保全

検査事例 ボイラー目視検査

部位整理各事象の部位別整理

各事象の部位別整理

部位 事 象
火炉壁管 蒸発管 ・燃焼灰によるエロージョン
・スートブロワによるエロージョン
・フィン焼損
・硫化腐食
・フィン端割れ
炉底管 ・燃焼灰によるエロージョン
・クリンカ落下による打痕
・フィン端割れ
過熱器管
再熱器管
節炭器管
吊下げ管 ・燃焼灰によるエロージョン
・スートブロワによるエロージョン
・接触による減肉
・金物及び金物溶接部の割れ
・高温腐食
横置き管

事象整理外面減肉

燃焼灰によるエロージョン

燃焼灰によるエロージョン

  • 目視状況:局部的な光沢があります。
  • 触手状況:凹状であり、表面は比較的なめらかです。
  • 発生が予想される部位:偏流が発生しやすい場所
    • プロテクター近傍
    • 金物近傍
    • 整流板近傍
    • 横置き管ベンド部
    • 管列の乱れ部
    • 形状変化部

スートブロワによるエロージョン

スートブロワによるエロージョン

  • 目視状況:面状に肌荒れまたは、光沢があります。
  • 触手状況:凹凸状であり、表面は荒れています。
  • 発生が予想される部位:スートブロワ近傍
    • スートブロワのランスチューブの変形・垂れ等によりチューブとスートブロワの距離が近接している部位

事象整理外面減肉

接触による減肉

接触による減肉

  • 目視状況:局部的な凹みがあります。
  • 触手状況:凹状であり、表面は比較的なめらかです。
  • 発生が予想される部位:交差部
    • チューブ同士の交差部
    • チューブと金物(偏流板・振止め・防振板等)の交差部

クリンカ落下による打痕

クリンカ落下による打痕

  • 目視状況:局部的にカエリ状のものがあります。
  • 触手状況:凹状であり、表面は鋭利です。
  • 発生が予想される部位:炉底部

事象整理外面減肉

還元性雰囲気部の硫化腐食の例
還元性雰囲気部の硫化腐食の例

火炉壁管の硫化腐食

  • 目視状況:凹凸状で無光沢です。
  • 触手状況:凹凸状で硬質なスケールが付着しチューブ表面は荒れています。
  • 発生が予想される部位:還元雰囲気部
    • バーナー近傍
    • エアポート近傍

スケール除去前
スケール除去前

スケール除去後
スケール除去後

吊下げ管の高温腐食

  • 目視状況:凹凸状で無光沢です。
  • 触手状況:凹凸状で硬質なスケールが付着しチューブ表面は荒れています。
  • 発生が予想される部位:高温雰囲気部
    • 吊下げ管上部

事象整理割れ

金物の割れ

金物の割れ

  • 目視状況:金物端部に亀裂・破断があります。
  • 触手状況:―
  • 発生が予想される部位:金物取付部
    • 振止め金物部
    • プロテクタストッパー部
    • 整管金物部

フィン端溶接部の例
フィン端溶接部の例

金物溶接部の割れ

  • 目視状況:溶接端部に亀裂・割れがあります。
  • 触手状況:―
  • 発生が予想される部位:金物溶接部
    • 振止め金物溶接部
    • プロテクタストッパー溶接部
    • 整管金物溶接部
    • フィン端部

事象整理割れ

バーナー幅広フィンにおけるフィン焼損の例
バーナー幅広フィンにおけるフィン焼損の例

幅広フィンの焼損

  • 目視状況:溝状の亀裂があります。
  • 触手状況:―
  • 発生が予想される部位:幅広フィン部
    • バーナー部
    • エアポート部

SISCO 検査結果 ● 目視検査で検出した各事象 詳細調査 ● 事象を定量化するための検査 ●肉厚測定 ●PT検査 ●MT検査 ●形状測定等 修理 適切な補修計画の策定

お問い合わせはこちら